楽天の新サービス!ポイント利息は楽天ペイよりお得なのか検証【10/18開始】

こんばんは。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

皆様は、楽天グループが10/18に開始した新サービス「楽天ポイント利息」はもう試されましたか?

当サービスは、

お察しのとおり、楽天の通常ポイントに対して、銀行の普通預金のように利息がつくサービスなのですが、

早速試してみたので感想をレポしたいと思います。

ポイント活用方法の選択肢が増えるのは大歓迎!

楽天ポイント利息とは?

楽天ポイント利息

楽天ポイント利息とは、

銀行預金の利息のように、預けたポイントに対し、年利01.%(月利0.009%)の利息がつく制度です。

月末までに預けたポイントに対し、毎月5日にポイントがつくとのことです。

なお、必要な時はいつでもすぐに、通常ポイントとして引き出すことができます。

ポイント投資と比較すると、増え幅は少ないかもしれませんが、

「リスクは負いたくないけど増やしたい」という方にはいいかもしれませんね。

実際に使ってみた

早速、持っていた全てのポイントを預けてみました。

ただし、よく見てください。

もうすでに引き出しをしています。

勿論この場合、利息は1円もつきません。

ではどうして利益が出てないのに引き出しをしたのかというと、

「今の私にとって本当にお得な制度なのかな」という思いが頭を過ぎったからです。

その理由は2つ。

①ポイント利息を利用したことを忘れそう

「ポイント利息」は、「楽天PointClub」のサービスとのことなのですが、

何故か「楽天PointClub」のアプリには表示がありませんでした。

そのため、ネットで「楽天ポイント利息」と検索。

「楽天PointClub」のWebページにアクセスし、

「ポイント利息」サービスを使ったのですが、、、。

アプリから利用できないのであれば、正直預けたことを忘れてしまいそう、、、と思ってしまいました。

例えたくさん利息がついたとしても、存在を忘れてしまったら元も子もないですからね。

ただし、これは私の記憶力の問題なので、記憶力に問題がない方であれば特に問題ないですね。

②実は楽天ペイの方がお得なのでは?

どちらかと言えば、こちらの方が引き出した理由の本命です。

買い物の頻度が高い方であれば、楽天ペイの方がお得なのではないかと思ったからです。

なので、実際に計算をしてみました!

詳細はこのとおり。

まずは、毎月1,000ポイントを買い物等で取得する場合です。

ポイント利息を利用した場合、最後に累積ポイントで楽天ペイ払いをすると、120ポイントが貰えるので、

ポイント利息・楽天ペイによる取得ポイントは合計121ポイントになります。

楽天ペイのみだと、120ポイントなので、

上記の条件だと、ポイント利息の方が取得ポイントが多いですね。

あれ?実は楽天ペイの方がお得なんじゃないかと邪推したんだけどな、、、。


続いて、毎月10,000ポイントを買い物等で取得する場合です。

ポイント利息を利用した場合、最後に累積ポイントで楽天ペイ払いをすると、1200ポイントが貰えるので、合計取得ポイントは1264ポイントになります。

楽天ペイのみだと、1,211ポイントなので、

上記の条件の場合も、ポイント利息の方が取得ポイントが多いですね。

楽天ポイント利息と楽天ペイ、どっちがお得?

結論、お買い物による取得ポイントが「月1,000ポイント」、「月10,000ポイント」の場合は、

楽天ポイント利息の方がお得!

予想が外れました。

まとめ

楽天ポイント利息と楽天ペイを比較すると、新サービスの「楽天ポイント利息」の方がお得でした!

ただ、その差は微々たるものですし、設定条件次第で結果も変わってくるかもしれません。

なので、最終的にはお好みで使ってもらえればいいのかな、と思います。

以上最後までお付き合いいただきありがとうございました(^^)

日本ブログ村に参加しています。 応援クリックお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村