楽天証券でETF積立が出来るようになる話&今月の老後資金

こんばんは。

ご訪問いただきありがとうございます。

本日、楽天証券のHPでこのような記事を見つけました。

今まで出来なかったETF等の積立(毎月、毎週)が出来るようになるとのことです。

楽天証券での購入手数料無料である、「VT」、「VOO」、「VTI」等のETFを購入中の方、または気になっている方には朗報なのではないのでしょうか。

私としては、楽天証券でもETFの積立ができたらいいのにと前々から思っていたので、嬉しいサービス拡充の知らせでした。

ただし、現在はNISAで投資信託の積立を行なっていて、

NISA口座でETFを買うと米国で課税されてしまうし、

かといって投信積立据え置きのまま、追加投資する資金もないしで、

ETF積立には手が出せそうにないです。。。

興味がある方は、楽天証券のHPで詳細を確認されてください。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20211214-01.html

目指せゆとり老後!iDeCo等老後資金公開(R3.12月時点)

今月も、老後資金の確認をしていきます。

いつもどおり、公的年金、iDeCo、個人年金の3種類です。

第一の矢:公的年金

まずは公的年金です。

私は会社員なので、国民年金と厚生年金に加入しています。

ねんきんネットで試算してみた

ねんきんネットの試算機能

ねんきんネットは、

これまでの年金記録や、将来受け取る年金の見込額などご自身の年金に

関する情報をパソコンやスマートフォンから、いつでもどこでも確認できるサービス

ねんきんネット公式サイト:https://www.nenkin.go.jp/n_net/

です!

ねんきんネットでは、将来の年金額を簡単に試算することができます。

試算方法は2つあって、①「かんたん試算」をする方法と、②「詳細な条件で試算」する方法があります。

①の「かんたん試算」とは、現在の加入条件が60歳まで継続すると仮定して見込額を自動で試算できる機能です。

詳細な条件を設定しないため、クリック1つで大まかな受給見込み額を確認することができます。

②の「詳細な条件で試算」する場合は、

職業(フルタイム会社員、第3号被保険者等)や受給開始年齢等の条件を設定することができます。

詳細な条件といっても、

自分が設定したい項目だけ、条件を設定するだけなので、

難しくもなく、かつ①「かんたん試算」と比較すると、より自分の人生シミュレーションに即した試算ができるのでおすすめです。

まずはかんたん試算

まずは「かんたん試算」をしてみました。

この場合、65歳01ヶ月から受給するとして、

年金見込み額は118,656円となりました。

月10万円なら年金だけでもなんとか生きていけるかな?大学生時代の免除期間が多いから、今後も正社員で働いていけば月あたりで数万円はプラスされそう。

第二の矢:iDeCo

私の場合、会社の福利厚生で企業型確定拠出年金に加入しています。

企業型確定拠出年金とは?

企業型DCともいいます。

企業が掛金を毎月積み立て(拠出)してくれて、

従業員がその積み立て金の運用を行う制度です。

運用といっても、選択できる投資信託の中から、

運用する商品を選んだり、運用割合を決めるだけなので、とっても簡単です。

あくまで企業が福利厚生として準備してくれている制度なので、

従業員側からしたら有難い制度ですね。

デメリットとしては、

①年金目的で積立している制度なので、60歳までは引き出しができない点

②運用する証券会社が選べない点

(企業型DCで選ばれる証券会社は、運用手数料が比較的高いことが多いです。)

③同時に2つ以上の口座を作ることができないので、企業の拠出額が物足りない場合は、手数料が高い口座でマッチング拠出をすることになる点

※企業が拠出してくれる金額の他に、自身でも拠出して毎月の運用額を増やす制度のこと。

が挙げられるでしょうか。

私は拠出いただけるだけ大変有難いと思っているから、不満は全くないよ!

私の運用状況

楽天証券で運用している投資信託は、株の割合が9割の攻めた構成にしています。

が、iDeCoは年金としての運用なのでバランス重視で運用中。

具体的には大半をバランス型の投資信託に入れています。

楽天証券での運用状況はこちら。



では、iDeCoの実際の運用状況を公開します!

R3.12月のiDeCo評価額は、

324,178円でした!

評価損益の推移も参考までに。

今のところ、割と綺麗な右肩上がりです。

第三の矢:個人年金

私が加入している個人年金

5年程前に、明治安田生命の「年金かけはし」の10年据え置きタイプに加入しています。

保険料払込期間が50歳までで、それから10年間は、保険料払込なしの運用だけという商品です。

利率は1.3%の予定。

利率は低いですが、税金の控除もあるし、リスクの少ない安全資産として保有しています。

本当は、投資を始める前に契約してしまっていて、今解約すると払い損になってしまうので、解約したくても解約できないだけなんですけどね(泣)

現時点での積立状況

現時点での積立金は、720,000円

明治安田生命さんの試算によると、

このまま払込みを行っていけば、60歳から70歳までの10年間に月約4万円程ほどの年金を貰えるようです。

こうなったからには払い損にならないように、毎月頑張って支払いしていこうと思います。

まとめ

国民年金は、65歳から月10万円程受給できそう。

その他の老後積立はR3.11月時点で1,044,178円

これからもコツコツ積立していきます。

日本ブログ村に参加しています。 応援クリックお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村